誰もが不妊治療に不安をもっている

働きながら不妊治療をしていく。

自然な妊娠がしやすいのは35歳まで?

妊娠をしたければ、年齢がまずは大きな壁になります。 そして年齢のボーダーラインは、35歳までと言われています。

「妊娠力」の基本を司るのは、健康的な女性ホルモンと、子宮や卵巣の正常な働きがポイントです。 30代後半から、これらの働きは低下し始め、40代になると、急激に下回っていきます。 そのため、妊娠力が高いのは、35歳までと言われる事が一般的です。

高齢出産も多い現代

高齢出産となる35歳以上で出産している女性の多くは現在、 日本では5人に一人だと言われています。 40代で高齢出産して成功する女性も少なくありません。 しかし、その多くは、自然に妊娠ができたわけではなく、高度不妊治療によるものです。

女性は35歳を過ぎると卵巣機能に個人差が大きく出始めるってホント?

卵巣年齢を基準として、卵子の数だけで見てみると、20~30万個だったものが、30代後半から、減少傾向になっていき、40代に突入すると、数千個に減っていきます。しかも卵子は、数だけでなく、質も低下していきます。

さらに、「抗ミューラー管ホルモン」という名前の卵巣年齢の目安ともなるホルモン値は、 40代では、20代の10分の1以下になってしまう場合もあります...。 妊娠や排卵には、女性ホルモンの一つである、「エストロゲン」という存在が必ず必要になります。

そして40代では、さらに減少が進んでいきます。これはごく自然な女性の 身体の変化となります。 年を重ねる程、卵子の質は衰えていき、妊娠力も低下してきます。 20代の不妊はたった数%であるものの、40代では60%超えすると言われています。 妊娠力が高いのは、やはり35歳くらいまでで、 高齢出産となる35歳以降は、まだ妊娠力はあるものの、 衰えていく一方であるという事を認知しておくべきでしょう。

仕事とにバランスをとって適切な不妊治療をしてみよう

このような方達にとって、排卵日を数日でも調整できる治療方法は、仕事の休みに合わせる事ができるなど、とてもおすすめの方法です。 女性の中には、今の仕事がハードで、なかなか病院に通えない方も多いのではないでしょうか。

病院へ行く事も、不妊治療を始める事に対しても、不安や抵抗をお持ちの方はたくさんいらっしゃるでしょう。 そのような働き盛りの30代の女性のためにも、仕事や家庭のバランスをうまく取っていき、人生設計をしていきたいと考える人に適した治療もあります。