誰もが不妊治療に不安をもっている

不妊治療で太ってしまう人もいるの?

不妊治療で太るのはホルモン剤のせい?

不妊治療で太ってしまう方もいらっしゃいます。 中には5キロも増えてしまったという方もいらっしゃいます。 不妊治療で使うホルモン剤の中でも、特に黄体ホルモンは、太りやすくなるそうです。

不妊治療で使うホルモン剤の影響で太りたくなければ、暴飲暴食は控え、お酒の量も減らすと、そこまで太らないで済むでしょう。 女性ホルモン剤による太り方は、体重も増えますが、むくんだような太り方もするようです。

ただし、妊娠したいなら、太った体型の方の方が妊娠しやすいとも言われているので、無理なダイエットは禁物です。 精神的ストレスや、身体的ストレスを伴うダイエットには、特に注意が必要となります。



過度なダイエットは妊娠しにくい身体にしてしまう

不妊治療をスタートしてから、6キロも太ってしまったという方もいらっしゃいます。太りやすいと言われる女性ホルモン剤の影響だから仕方ないとする見方もありますが、脂肪が付き過ぎてしまうと、難産になってしまう可能性があります。

妊娠を目指すのであれば、過度なダイエットは禁止したいところですが、体重の増えすぎも問題です。そのため、妊娠を望む人は、体重管理もしっかりとしていきましょう。



ホルモン剤以外の原因もある

確かに、不妊治療中に服用している薬と自分のホルモンバランスとの兼ね合いで、太ってしまう方もいるようです。しかしこれも絶対そうとは限らず、人によって個人差もあるようです。

ホルモン剤のせいで激太りするケースの方が稀ですが、1~2キロ程度増える傾向の人が多いようです。しかし反対に、不妊治療の薬の副作用によって、食欲が落ちてあまり食べられなくなる方もいるので、本当にこれは個人差があるとしか言いようがありません。

そのため、不妊治療中に太るのは、薬の影響だけではないようです。 薬の影響以外には、不妊治療中は何かとストレスが原因でなる太る事があります。 それを解消するためにも、そのストレスを解消するためにも、食に走ってしまう人もいるようです。

自分では無意識かもしれませんが、周りからしたら、「よく食べてる」と判断される事もあります。自分自身が気づかぬうちに、パクパクと食べる量が進んでしまう事もあるのです。