誰もが不妊治療に不安をもっている

不妊治療中に歯医者へいけるのか?

不妊治療中に歯医者に行ってもいいの?

不妊治療中は、いつもと違う状況になりますので、歯医者など、他の医療機関にかかって治療する事が可能かどうか、少し気になるものです。 安易に他の治療を受けて、実はそれが不妊治療にはよくなかったという事もあるので、 やはり事前に確認は必ず必要です。

といっても、不妊治療中は、何かと他に気がいっているため、何かお口の中で気になる事があっても、なかなか歯医者さんに行けずじまいになってしまう方もいらっしゃいます。 ただでさえ、医療費もかかりますし、病院の待合時間が長いのは、今では当たり前の事です。

例えば、不妊治療中に親知らずが生えてきてしまう場合もあります。 親知らずは、 生えたてはまだ平気なのですが、長い間放置しておくと、内側の頬にあたったりして、 痛みを伴う場合もあります。親知らずのせいで、何か痛みや違和を感じたら、それを放ったままだとストレスになってしまう事もあるので、症状が顕著な場合には、できる限り早めに歯医者さんに相談し、適切な処置をしてもらいましょう。

不妊治療中に親知らずを抜く事が、どうしても難しい場合には、 痛みが発生しないように、薬だけを塗布してもらい、 カバーし、出産後に行くという方法もあります。 親知らずをカバーしてくれる専用の薬があるので、 抜かない限り痛みを我慢しなければいけないというわけではないので、安心です。



主治医に相談すればOKの時もある!

また、妊娠中の場合だと、主治医の方に相談して、もしもOKが出れば、レントゲンや麻酔、痛み止めも影響のないものを選別してもらえるので、不妊治療中であっても、担当医の方に、歯医者に行っても良いかどうか、許可をもらうのが一般的でしょう。 不妊治療中という事で、薬の中でも、支障ない種類のものを選べば、不妊治療中でも歯医者の治療を受けられるケースはあります。

勿論、妊娠中の歯医者での治療は、時期によっては、身体がつらい場合もあります。特に初期の頃はつわりがあり、治療も難しい場合もありますし、妊娠後期になれば、お腹も大きくなるので、治療を受けているのが精いっぱいで、余裕がなくなってしまう事もあるでしょう。

しかも妊娠中は、いつもは大丈夫でも、歯肉炎などにもかかりやすいです。 常に毎食後歯磨きしている方でも、歯茎がはれてしまう事もあります。 食事が不規則になる事も 影響しているそうです。妊娠中、不妊治療中、共に自分の身体を優先に考えるべきというのは、言うまでもありません。